スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨイトマケの唄/美輪明宏 ~魂を感じる日本の歌其の三~

魂を感じる日本の歌

今日のJ-POPといわれる音楽に代表されるような日本の歌は商業的、あるいは独創性や新しさばかりを求め大事なものを忘れてしまったようにも思えます、、そんな世の中にあって、しがらみに捕われていない時代の、そしてそういった歌手たちの歌、これからも後世に伝えていくべきような魂を感じる歌を知ってもらうべきだと思い、紹介していくことにしました。

ヨイトマケの唄/美輪明宏



「ヨイトマケ」とは、かつて建設機械が普及していなかった時代に、地固めをする際に、重量のある槌を数人掛かりで滑車で上下する時の掛け声であり、美輪によれば、滑車の綱を引っ張るときの「ヨイっと巻け」のかけ声を語源とする。

差別用語とされていた土方という言葉が含まれていたため要注意歌謡曲(放送禁止用語)となり、1983年にこの制度が廃止されてからもこれに縛り付けられるような形になるのだが2000年に桑田圭祐がカバーしたことにより若い世代にも知れわたりました。そして同年にはNHKで美輪明宏本人による歌唱も行われています。2005年には槇原敬之、その後泉谷しげるや数々のアーティストカバーしています。
引用:Wikipedia

 美輪明宏の歌唱に魂を揺さぶられます。こういう心を忘れてしまわないように、後世に残していければいいと思います。

動画の紹介は本人によるものともののけ姫で一躍有名になった米良美一によるものです

美輪明宏 ヨイトマケの唄


米良美一 ヨイトマケの唄 女子刑務所にて

     

スポンサーサイト

テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
ソーシャルブックマーク
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。