スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Intervals Keith jarrett

ECMレコード



ジャズやクラシック(主に古典)、現代音楽などをてがけているレーベル。このレーベルの音作りのコンセプトとして"The Most Beautiful Sound Next To Silence"(「沈黙の次に美しい音」)がしばしば言及される。わずかにリバーブのかかった音作りは好みの分かれるところだが、このレーベル独特の空気感を生み出している。美しいジャケットデザインも評価が高い。 引用:Wikipedia(ECMレコード)

ダーク・インターヴァル   キース・ジャレット



思わずジャケ買いしてしまいそうなほど素晴らしいジャケット(実際は視聴できなかったのでほぼジャケ買いしてしまいました・・笑)

1987年のサントリーホールの即興ピアノソロを収めたアルバム。ジャズでもなくクラシックでもない、これぞキースの音といった感じです。 宗教的な響きをもった曲もありますが、なんといっても全体的にこのジャケットのイメージがとても合っていると思います。


   

ダーク・インターヴァル [Limited Edition] [Live] [Original recording remastered]


ダーク・インターヴァル (紙ジャケット仕様)







スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

フリーエリア
ソーシャルブックマーク
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。